転出届

転職を行い、引越しが必要となったという方もいらっしゃるかもしれませんね。引越しを行う際には、さまざま手続きが必要となります。一度、スケジュールなどをたて、一つ一つ忘れないように行って行くようにしましょう。

では、引越しの際に必要な転出届についてご紹介しましょう。転出届の手続きは、現在住んでいる地域の地区町村役場で行うことになります。その際、転出証明書を発行してもらうことになります。これは、新居での市区町村役場へ提出するものとなりますので、大切に保管しましょう。もしも、引越し先が同一市区町村内という方の場合には、転出届の手続きの必要はありません。その場合には、転居届という手続きとなります。転出届の手続きは、引越しの1週間から2週間前までに終わらせておくようにしましょう。

市区町村役場によっては、14日前からしか受け付けないというところもありますので、一度市区町村役場に確認するようにしましょう。転出届に必要なものは、身分証明証、印鑑、国民健康保険証となります。万が一、転出届の手続きを行った後に、引越しが中止になってしまったという場合には、転出中止の手続きを行うことになります。

この手続きの場合には、いつまで行うなどの期限はありませんが、引越しが中止になったと決定したらすぐに行った方が良いでしょう。転出届は、本人、世帯主、代理人でも委任状があれば手続きを行うことができます。 引越しの際には、忘れてはいけない手続きのひとつとなります。