契約時ポイント

理想の部屋が見つかったら、まずは契約ということになります。 でも、その前に一度家賃交渉を行ってみましょう。この家賃交渉は、審査が通った後に行うとうまくいかないことが多いと言われています。そのため、部屋を決めましたという際に、ダメもとで家賃交渉してみましょう。

意外にも、大家さんによっては開き部屋になっているよりは良いから…と下げてくれることもあります。1,000円でも2,000円でも下がれば、嬉しいですよね。家賃は毎月支払うものですから、年間を考えればそれなりの金額にはなります。恥ずかしいという方もいらっしゃるかもしれませんが、交渉するだけの価値はありますので、ぜひチャレンジしてください。

そして、その後契約となるわけですが、新居の契約開始日を決めることになります。新居の契約開始日は、現在住んでいる家の解約日などを考慮した上で決めていくようにしましょう。契約で必要な費用としては、礼金、敷金、前家賃、仲介手数料などがかかることになります。今は、礼金がないというところや、仲介手数料は無料サービスなんてキャンペーンを行っていることもありますよね。うまく、そういった不動産で部屋が見つかったり、キャンペーン期間に当たれば良いですが、転職での引越しとなると期間が限られているため、なかなか合わせることは難しいと思います。

引越しを行うためには、やはりまとまったお金が必要ということになりますね。転職を考えた場合には、引越しが必要となった場合には、そういった費用面も考慮した上で考える必要がありそうですね。